midiの篠

名の通り、ゲームのmidiを公開しています。それ以外も色々と。ちなみに篠は"ササ"読みで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガシャポン戦士NEXT08 レビュー

今回もガチャポン景品の撮影とレビュー(の練習)。
白紙を背景に、撮影には手持ちのデジカメを使用しております。


以下レビュー。



ガシャポン戦士NEXT 08 のレビュー。

ただしメインは
LRX-077 シスクードです。
LRX-077 シスクード


とりあえず全7種の内、5種類の撮影はしています。
足りないのは上のシスクードのバリエーションのみで、一応全機分撮影したということです。


追記(2012 6/15)
何枚か画像を追加しました。


続きます。

 

モノアイガンダムズ」のmidiの改良版を↓に置いておきます。
BGMとしてどうぞ。Monoeye_Gundams_v4.mid



※画像はクリックで大きいものが表示されます。



LRX-077 シスクード
元々はゲーム「SDガンダムGジェネレーション モノアイガンダムズ」のオリジナルMS。
そのほかGジェネNEO、GジェネDSにも登場している。

デザイン面では、ガンダムタイプでありながらモノアイを持つ異色の機体。
元々はティターンズ所属で黒いカラーだったが、エゥーゴに奪取され現在のカラーリングに塗装された。
実質ガンダムmk-IIと同時期の機体でもあるが、シナリオ上の都合でありあまり意味はない。

また「オフェンスモード」という最大稼働状態があり、
"強化人間以外が扱うと体がミンチになる"と言われる程の圧倒的な機動性を発揮できる。
しかし、パイロットの「シグ・ウェドナー」は普通の軍人であるにもかかわらず、これを使いこなしていた。
なおシスクードとは、「左手の盾」という意味を持つ。



正面。モノアイの位置は3パターンありますが、撮影できたのはこれだけ。
正面   正面その2


背面。ガンダムX似? じっくり確認したのは初めてです。
ディフェンスモードという巡航形態もありますが、
さすがに再現されてはいません。
背面

武装の「I・フィールド・ランチャー
ロングライフル+メガカノン+I・フィールド発生器という攻防一体の複合兵装。
武装

ランチャー両手持ち。ほとんどギリギリですが。
両手持ち

横から。ワンダースワンではこんなアングルだったような…。
横から

ビームサーベル突撃。GP01fbから拝借しました。
なお二刀流は不可能です。
ビームサーベル突撃

飛行っぽく。土台は適当なものを使用。
飛行

さらにビームサーベル突撃。しかし画質が…。
さらにビームサーベル突撃

オフェンスモード2っぽく。GジェネDSにおける必殺技でした。
オフェンスモード2   オフェンスモード2その2

その該当シーン。
左下の機体が「右手の剣」ことデスパーダです。
該当シーン





以下はほぼおまけ。


ガンダム試作1号機フルバーニアン

ビームサーベルとシールドが付属しますが、肝心のビームライフルはありません。
また背中のグリップは外せないので、サ-ベルが3本に…。
GP01fb

ヴァル・ヴァロ戦っぽく。土台はやはり適当。
ヴァル・ヴァロ戦




ガンダム試作2号機(サイサリス)

アトミックバズーカなど一通りの武装が付属。
機体自体のボリュームも相当なもの。
GP02

ソロモンよ…私は、帰ってきたぁ!!
アトミックバズーカ




ドラドL(ミサイルランチャー装備)

ちなみにビームライフルも付属。
唯一のザコ機体ですが、AGE-3との関係が薄いのが難点。
ドラドL

ランチャーを外すことも可能。ライフルは普通手持ちで構えますが…。
ランチャーを外して




ガンダムAGE-3 ノーマル

シグマシスライフルが付属。さすがに分離・変形は再現されてません。
しかし背面のコアファイターらしき部分を外すことはできます。
ガンダムAGE-3ノーマル

コアファイター部分。
背面ということもあり真っ青です。
コアファイター部




激突戦域」  お互いにサーベルが付属しているのは良い点。
激突戦域



戦場になる街」  劇中でドラドLとの戦闘シーンはありませんが…。
戦場になる街



対峙(妄想)
 「オレの邪魔をするな……!」
 「まさか、あいつの機体もガンダム!?」
対峙



全機並べて。シスクードが2種類足りませんけどね。
全機並べて




画像は以上です。


今回、私の目当てはシスクードだけでしたが、
結果的にほぼ全種そろうハメになりました。
シスクード寄りのラインナップのはずでしたが、何故にこうも…。

中でもドラドLはやたらとダブったので、ヴェイガンには殺意を抱きましたが…。



とりあえずいずれも良く出来ているといえます。
このシリーズには毎回イロモノ枠があるので、以降も期待したいところ。

あとはデスパーダテラ・スオーノセンチュリオとかトライアとかが出たら
最高なんですけどねぇ。





以上、midiと若干無関係な話でした。
  1. 2012/06/13(水) 08:00:00|
  2. レビュー(ガシャポン系)
  3. | コメント:0
<<百二十八曲目(メトロイドプライムハンターズより) | ホーム | 百二十七曲目(DQ6より)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。