midiの篠

名の通り、ゲームのmidiを公開しています。それ以外もちらほら。ちなみに篠は"ササ"読みで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

劇場アニメ『AURA(アウラ)』 感想

先週より公開されている劇場アニメ、
AURA~魔竜院光牙最後の闘い~ を最近観ました。

せっかくなので適当に感想、もといレビューを。
一応ネタバレには配慮したつもりです。


続きます。

 

  ―ふたりなら、潰されない



まずさらっと感想を言うと、「面白かった」です。


先に言うと、私は原作小説を読んでいません
原作者(田中ロミオ先生)の作品ではアニメ「人類は衰退しました」だけ見た、というだけです。

他作品を引き合いに出すのもアレですが、
ストーリーをシリアスにした劇場版『中二病でも恋がしたい!』という雰囲気でした。
描写はあくまで現実的なものであり、空想部分の派手さはありませんが、
おおよそは似ていた……気がします。(原作ファンには失礼なたとえかもしれませんが)



キャラクターはなかなか魅力的。
主人公はそれなりに格好良く見せてくれる場面が多いし、
ヒロインは中二病故の無感情を装う姿が可愛らしかったです。(サービスシーンもありましたし)
クラスメイトはきちんと付き合ってくれる人が多く好印象な一方、
あからさまな悪役の方々は、ストーリーをより深刻な方向に持って行ってくれました。



ストーリー面では、ある意味で王道?の展開でした。
一応省略しますが、先ほど挙げたキャラクターの魅力をより良く描けていた…と思います。
ありがちなツッコミ所にも言及していた点も好印象。



演出、演技、音楽などは問題なし。
まぁえらそうに語れるほど知識はありませんが、
劇場版らしく、丁寧に作られていると感じました。
声優だけに注目しても、変に棒読みが目立ったりすることもなかったです。




ただし、「面白かった」と手放しで言うこともありません。
以下個人的に気になった点を挙げていくと、
(以下一応ネタバレにつき白文字)


・ヒロインの家庭環境、金銭面の都合が不明。中二病の動機が分からない。
 また中盤いつのまにか?学校に馴染んでいる。

・クラスメイトの半数が中二病でしたという展開が唐突。

・6人グループの思わせぶりな存在感。終始空気で最後はうやむやに?

・終盤の神殿。あれだけの机をどうやって? 
 現実味のある描写を基本にしているのに、あの点だけ空想的すぎる。



…あたりでしょうか。
原作から省略された箇所であるかもしれませんが、
このあたりは個人的に引っかかった部分です。(単に見逃しただけかもしれません)

また、キャラクターの掘り下げが全体的に不十分に感じられました。
尺の都合なのか原作通りなのかは知りませんが、基本的に登場人物の外側部分しか映っていません。
人数が多すぎて、存在感の薄い人もちらほらいましたし…。

(調べると、原作では主人公の視点から地の文が書かれているそうで、
その上でモノローグなどを省略しているので、自然とこうなってしまったようです)



…とまぁ長々と語りましたが、総合的に「面白かった」です。

他人に観るか観ないかを勧める事があるなら、迷いなく勧められる作品です。
原作は読んでいないので原作ファンの評価は知りませんが、
この作品で原作やそのスタッフに興味が湧くということも十分あり得るでしょうね。

ただ、2週間以内に全国の12か所の劇場で、これを12回以上観るのは流石に辛いと思います…。



以上、midiと無関係な話でした。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/20(土) 12:00:00|
  2. 感想
  3. | コメント:0
<<二百三十三曲目(GジェネDSより) | ホーム | ???曲目(ロックマンゼクスより)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。