midiの篠

名の通り、ゲームのmidiを公開しています。それ以外もちらほら。ちなみに篠は"ササ"読みで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガシャポン戦士NEXT15  レビュー

ガシャポン景品の撮影とレビュー(の練習)。
白紙を背景に、撮影には手持ちのデジカメを使用しております。


以下レビュー。


バンダイより
SDガンダムシリーズ「ガシャポン戦士NEXT15 のレビュー。

7種の内4種を撮影。
8月頃の景品なので本当に今更ですが……。
ちなみに普通に筐体に入っていたものです。


 

 ※画像はクリックで大きいものが表示されます。また一部midiも置いてあるので注意。


RB-79 ボール&DX NEXTベース

 一年戦争の時に ボールでドムを6機おとしたのだ

別名"宇宙の棺桶"。小細工ありとはいえ、こんなので6機のドムを落としたウモンじいさんは間違いなくNT。
最近ではビルドファイターズでも大活躍でした。

マニピュレーターは軸接続で回るだけで、実質可動するのはキャノン部分のみ。
新型ベースの方はかなり便利な構造ですが、間接はやや硬めで不安な作り…。
ボール&DX NEXTベース




RGZ-91B リ・ガズィ・カスタム

CCAのMSV機体で、名称は多分"リファイン・ガンダムゼータ・カスタム"の略。
SD体型での立体物は意外と存在するようです。

付属品はビームアサルトライフルとシールド。
一応変形もできると説明書に書かれていますが……。
リ・ガズィ・カスタム

Gジェネ風攻撃モーション。
オーバーワールドではビームの発射音が変更されていました。
リ・ガズィ・カスタム

背面。
背部バインダーは差し替えが可能になっており…、
リ・ガズィ・カスタム

宇宙戦闘機形態(スペースファイター)に変形が可能。
ただしあくまで"バック・ウェポン・システム部分のみが変形できる"だけで、
変形が完全に再現されているわけではなく、画像もそれっぽく置いただけです。
スペースファイター

ビームサーベルを拝借してそれっぽく。
設定上はハイパービームサーベルを装備していますが。
リ・ガズィ・カスタム




AMS-119 ギラ・ドーガ (レズン・シュナイダー機)

 はっ、ロンド・ベルは鈴を鳴らしてりゃいいんだよ!

ネオ・ジオンの主力MSの指揮官+専用カラー仕様。
専用ビームマシンガンとシュツルム・ファウストが2本付属。
ギラ・ドーガ

シールドのシュツルム・ファウストは4か所で差し替え、また4本装備の重装仕様も再現可能。
またモノアイも左右に可動します。
ただレズン機はベースもなく、複数当たると残念な気分になる予感が…。
ギラ・ドーガ




RX-94 量産型νガンダム (インコムパック装備)

CCAのMSV機体。スパロボやGジェネで割と有名でしょうか。
付属品はビームライフルと腕部ビームスプレーガンのみで、シールド等は付属せず…。
量産型νガンダム

 やれる…私にも!

Gジェネではマリア・オーエンスが搭乗する機体とされているようで、
専用の連携攻撃も存在しました。
量産型νガンダム

スプレーガンは両腕のどちらでも装備が可能。
しかしサーベルやシールド、ベースもなく、単体で見るといまいちな存在です。
量産型νガンダム

2機でそれっぽく。
似た立場の機体ですが、あまり繋がりは感じられません。
リ・ガズィ・カスタム 量産型νガンダム




以下おまけ。


DX NEXTベースを使えば、こんな角度を付けた飾り方が可能に。
しかし次のNEXT16には未登場で、次々回のNEXT17で再登場するようです。
おまけ


カプションどーる』シリーズの土台を利用することができました。
ただし保持力はかなり弱いので、実用性のない組み合わせでもあります。
おまけ


DX NEXTベース、『カプションどーる』の土台の軸部分に
『魂ステージ』付属のアームを接続することも可能。
アーウィンのフライトディスプレイも、こんな感じでできるようになりました。
おまけ



画像は以上。


今回のラインナップで欲しかったのはリ・ガズィ・カスタムと量産型νガンダムで、
今更訳もなく欲しくなったので、近場に残っていた筐体を活用した、という経緯です。

以前のNEXT14に比べ、立体化機会の少ないラインナップでしたが、
全体的に、単体でのプレイバリューは低下気味に感じました。
ギラ・ドーガ系はともかく、量産型νはシールドもなく寂しい作りで、
せめて片方にニューハイパーバズーカを装備させる位の違いは欲しかったところ。

まぁ景品自体の出来や完成度は高く、(未だに残っているところは少ないと思われますが)
シリーズや機体のファンなら是非とも手にしてもらいたいものだと言えるでしょうか。
スポンサーサイト
  1. 2013/11/03(日) 00:00:00|
  2. レビュー(ガシャポン系)
  3. | コメント:0
<<二百八十二曲目(ポケモンX・Yより) | ホーム | 二百八十一曲目(ロックマンZXシリーズより)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。