midiの篠

名の通り、ゲームのmidiを公開しています。それ以外も色々と。ちなみに篠は"ササ"読みで。

一番くじ 『IS 2nd』 F賞 ラウラ ちびきゅんキャラ レビュー

一番くじとプライズ景品の撮影とレビュー。
白紙を背景に、撮影には手持ちのデジカメを使用しております。


以下レビュー。(midiは全く関係ありません)


バンプレストより、
一番くじ 『IS インフィニット・ストラトス 2nd ACCEL』 F賞
ラウラ・ボーデヴィッヒ ちびきゅんキャラかすたむ のレビュー。

一応関連物として、プライズ景品として先に登場していた
ちびきゅんキャラ 『IS<インフィニット・ストラトス>』 vol.2 も組み合わせて撮影しています。


 
 
※画像はクリックで大きいものが表示されます。


  とってくれて礼を言うぞ・・・

まずプライズの方から。
例によって、上の台詞は外箱の内側に書かれていたもの。
ラウラ・ボーデヴィッヒ

少々見辛いですが、正面に右手の指先を突き出したポーズとなっています。
構造上頭部は分解可能ですが、残念ながら眼帯を外すことはできません。
ラウラ・ボーデヴィッヒ

そして一番くじの方。
胴体が2種類付属しており、ISスーツを着たものがこれ。
ラウラ・ボーデヴィッヒ

見辛いですが、白いスポーツタオルを突きだしたポーズです。
同じく頭部は分解可能ですが、眼帯や頭部のISユニットは外せません。
ラウラ・ボーデヴィッヒ

きゅんキャラかすたむの特徴として、フェイスパーツの交換が可能。
特にISシリーズであれば、これまでのプライズと今回の一番くじすべてで交換が出来そうです。
ラウラ・ボーデヴィッヒ



○シュヴァルツェア・レーゲン

ドイツの代表候補生であるラウラの専用IS、『シュヴァルツェア・レーゲン』は、
専用のスタンドに透明の支柱で固定することで再現しています。
ちなみに"シュヴァルツェア・レーゲン"とは、ドイツ語で『黒い雨』の意味。
シュヴァルツェア・レーゲン

ラウラ単体ではこんな感じ。
一番くじ付属のフェイスパーツは、不遜な顔つきが特徴です。
シュヴァルツェア・レーゲン

側面から見るとこんな感じ。
細かい部分の色分けなども、よく出来ていると思います。
シュヴァルツェア・レーゲン

完成させるとこんな感じ。
手を突き出して余裕の笑みを浮かべる姿は、作中の「停止結界(AIC)」を意識しているのでしょうか。
シュヴァルツェア・レーゲン

右肩(?)のユニットには大型レールカノンが装備されています。
(写真では砲身下部が微妙に歪んでいるようです)
ディフォルメの都合上砲身は短めですが、それなりに迫力がありますね。
シュヴァルツェア・レーゲン

背面からみると、透明支柱が少々目立ちます。
とはいえユニット部分の造形も決して悪い出来ではありません。
シュヴァルツェア・レーゲン


 一夏は私のヨメだ!異論は認めん!

フェイスパーツを交換すると、表情も相まって迫力が出ます。
ぶっちゃけ最初からこのデザインにしておけばよかったのでは……。
ちなみに上の台詞は適当。
シュヴァルツェア・レーゲン

下から見上げるようにすれば、さらに迫力UP……のはず。
どう飾るにしても、顔はプライズ版と交換した方がオススメですね。
シュヴァルツェア・レーゲン



画像は以上。


上のプライズ版は、一番くじでラウラが当たってから急遽獲得したものでした。
総額わずか500円。一番くじの方はこの数倍どころではなかったので、結局はトントンといったところです……。

『ちびきゅんキャラかすたむ』自体は悪くない出来。
ISユニット部分も上手くディフォルメして立体化できていると思えます。
ただ、プライズ版と同時に用意できているのが前提となりますが……。
上記の通り、フェイスパーツはプライズ版のものと交換して飾ると良さそうなので。

なおパーツのバリエーションは、髪型×2 表情×2 胴体(+台座)×3 とありますが、
IS装着時は髪型が固定されていることを考えると、9パターンほど組みかえることができそうです。
もちろんこれは同一のキャラクター1種類で考えた場合なので、ISシリーズ全体で考えると、
まさに"インフィニット"のタイトル通り、無限のパターンがあるといえるでしょう……か?
  1. 2014/06/03(火) 00:00:00|
  2. レビュー(一番くじ系)
  3. | コメント:0
<<三百二十四曲目(ロックマンゼロより) | ホーム | ガシャポン戦士NEXT20 レビュー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する