midiの篠

名の通り、ゲームのmidiを公開しています。それ以外も色々と。ちなみに篠は"ササ"読みで。

ガシャポン戦士NEXT21 一部レビュー

ガシャポン景品の撮影とレビュー。
白紙を背景に、撮影にはスマホのカメラ機能を使用しております。


以下レビュー。(midiは全く関係ありません)


バンダイより
SDガンダムシリーズ「ガシャポン戦士NEXT21 のレビュー。

全7種の内3種を撮影。
更新が滞っていたのはこれを探し回っていたのもあります……。

 

 ※画像はクリックでさらに大きいものが表示されます。


・RX-99(AFX-9000) ネオ・ガンダム (2号機)

機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91』に登場するMSの一つにして、今弾の不思議枠。
ガンダムの2号機は敵に奪われるジンクスがありますが、(例:BD2号機、ガンダム試作2号機、F902号機、スローネツヴァイ、等等)
本機は主人公側に奪いとられ敵側の1号機と激戦を繰り広げるという、珍しい展開がありました。

付属品は大型ビームライフル"G-バード(G-B.R.D=Generative Beam Rifle Device の略)"のみ。
地味に左腕のビームシールド発生器の取り外しも可能でした。
ネオ・ガンダム


 見せてやるよ! コイツの本当の力を!!

G-バードは大型故にポーズが決めにくかったり。
左手が平手造形なため、素立ちもイマイチ様にならない気がします。
ネオ・ガンダム

バックパックを取り外し、一部を差し替えることで"コア・ファイター"を再現可能。
黒く塗られた1号機がいれば、最終決戦を再現できそうですが……?
ネオ・ガンダム




・RMSN-008 ベルティゴ

『機動新世紀ガンダムX』に登場するNT専用MS。
立ち位置は1stの"エルメス"に相当していますが、デザインはZの"キュベレイ"っぽいのが特徴的。
劇中では主に"カリス・ノーティラス"が搭乗、
"ガンダムX"のサテライトキャノンを破壊し、一時は圧倒するほどの活躍を見せています。

付属品は"ビーム・サーベル"のみ。
もともと手持ち武器の少ない機体ではありますが、ギミック的にはNEXTベースが欲しくなります。
ベルティゴ


 そう、僕がニュータイプだ

両腕を差し替えることで、劇中でも有名なビット射出形態の再現が可能。
欲を言えば両足を閉じたいものですが、これでも十分格好良いと言えるでしょう。
ベルティゴ

上記ギミックの関係上、腕部分は分割が多くなっているのも特徴。
おかげで肘部分と手首の回転が可能であり、ポージングの自由度の高さはシリーズ随一。
ベルティゴ




・GX-9901-DX ガンダムダブルエックス
『機動新世紀ガンダムX』の後期主人公機。
上のベルティゴとはライバル関係……と言いたいところですが、本編では共闘する場面しかありません。
元々敵軍が用意した機体であり、"ツインサテライトキャノン"による砲撃に特化した設計であることもあってか、
劇中のMS戦では苦戦する姿が目立ちます。

差し替えで"サテライトシステムMk-II"の展開ができ、代名詞たる"ツインサテライトキャノン"も格好良く決まります。
なお各部のラジエータープレートは展開状態で造形してあります。
ガンダムダブルエックス


 クッ、やらせるもんかァー!!

一方、付属品は以前のGXと同じく"ハイパービームソード"1本のみ。
OP切り位なら問題なく決まりますが、たまにライフルが恋しくなるかもしれません。
ガンダムダブルエックス

ダブれば初陣の背面カウンターも再現可能。
この攻撃はゲーム『ガンダムVSガンダムNEXT』で忠実に再現されていましたが、
次作以降では削除されてしまっているのが悲しい所です。
ガンダムダブルエックス



画像は以上。



しばらく更新が止まっていましたが、上記にあるようにこれを探し回っていたことや、
忙しくてPCに触れる時間がなかったことなどが原因です。
直近には台風の接近もありましたが、特に被害を受けたわけでもなかったり。

ようやく触れることができた21弾ですが、出来の良さは相変わらず。
今回手にした3種はいずれも細かいギミックが組み込まれており、高い技術力を感じられます。
ただ以前と比べ、全体的に小さくなっていたり、NEXTベースの付属がなくなっていたりと、
200円という枠の限界も同時に感じます。

個人的には200円という値段だからこそ気軽に収集でき、細かい欠点なども許容していけるので、
現在のスタイルで続けていってほしいものではありますが……。


以上、midiと無関係な記事でした。
  1. 2014/08/10(日) 00:00:00|
  2. レビュー(ガシャポン系)
  3. | コメント:0
<<???曲目(GジェネDSより) | ホーム | 三百三十四曲目(ロックマンZXAより)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する