midiの篠

名の通り、ゲームのmidiを公開しています。それ以外も色々と。ちなみに篠は"ササ"読みで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

金閣寺 観光

注:midiとは全くの無関係の記事です

色々な都合から京都府京都市の名所「鹿苑寺(金閣寺)」に行くことができました。
今回はその記録がてら、そこでデジカメで撮った写真を数枚上げてみたいと思います。


(撮影日…2016:1/16、時間帯…9:30以降)



 ※画像はクリックで大きいものが表示されます


入り口。この時点で開門40分後。(当日は9:00に開門)
今回はとある目的から、午前中に動いています。
Kinkaku 01

総門前。
『世界遺産 金閣 鹿苑寺』と彫られた石碑が目を惹きます。
Kinkaku 02


 「寒空の 水面と生える(映える) 金閣寺」 (適当な一句)

そのまま受付を通って中に入り、鏡湖池を撮影。湖面には金に煌く金閣寺が写りこんでいます。
ブログ内では縮小してありますが、元画像は壁紙としても十分通用する美しさです。
Kinkaku 03

あまりの映り込みの良さから、上下反転しても違和感はない……かもしれません。
Kinkaku 03 mira

金閣寺と湖面をぱしゃり。午前中に訪れたのは、
このように水面に映る金閣寺を見ることができると聞いていたからでした。
Kinkaku 04

回りこんで近くから。
当日の午前中は快晴であったため、角度を変えればこんな輝きも。
Kinkaku 05

金閣寺を向かずとも、魅力のある風景が広がっています。
適当な時間帯と恵まれた天候のおかげで中々美しい景色を拝めました。
Kinkaku 06

そのまま順路を進みつつ、振り返って撮影。
丁度地面の丘越しに金閣寺が見える構図に。
Kinkaku 07

白蛇の塚。
写真の地蔵がそれというわけではなく……。
Kinkaku 08

先に進み、回り込んで撮ったのがこれ。池の中心にあるのが塚らしいです。
やはり湖面の映りこみが印象に残ります。
Kinkaku 09

夕佳亭。
ここまで来るのに階段をいくらか登ってきています。
Kinkaku 10

夕佳亭の前から振り返ってぱしゃりと。
自然の中から煌く姿が拝める光景は中々ユニークです。
Kinkaku 11

そのまま不動堂前を通り、門をくぐって階段を見下ろしつつ撮影。
が、なぜか画像中央に紫色の光の幕のようなものが写りこんでいます……。
調べたところ、iphoneのカメラ機能で『紫フレア』が写る現象があるようですが、私が使っていたのはデジカメ。
神社などのパワースポット絡みのオカルト現象とか、太陽の光の加減とか色々ありましたが、原因はよく分かりません。
Kinkaku 12



画像は以上。
この手の画像はブログへのアップロードの際に縮小せざるを得ないため、こういう景色を撮った時は少々残念に思えます。
またここに並べた以外にも写真は数十枚ありますが、いずれも省略しています。
  1. 2016/01/17(日) 00:00:00|
  2. 感想
  3. | コメント:0
<<嵐山 観光 | ホーム | 清水寺 観光>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。